ダボキセチンの成分を含む薬プリリジー

ダポキセチンという成分をご存じですか?世界60か国以上で認可されており、数百万人以上の方が使用しているプリリジーという早漏治療薬に含まれている成分です。ぜひともこちらの成分が含まれた治療薬で早漏を解決しませんか?

ダポキセチン配合治療薬は、ジェネリックも数多くある

ダポキセチンは元々、うつ病の治療薬として開発されていたものが、副作用によって射精までの時間が延びたことが認められ、早漏防止の治療薬に転用されたことから話題となった成分です。これまで早漏防止の方法と言えば、男性器に直接塗布するクリームや厚めのコンドームによって刺激を抑えるものでしたが、飲む早漏防止薬はこれまで存在しなかったことから、世界初となるダポキセチンは画期的な薬と言えます。このダポキセチンを使用した製品名はプリリジーですが、同じ成分を使用した治療薬が複数存在しています。ダポキセチンの特許はまだ切れていないため、本来であればジェネリック医薬品などを製造したり販売することはできませんが、唯一の例外としてインドの国内においては製造が可能となっています。そのため、インド国内にある製薬会社の多くがダポキセチンを使用したコピー品を製造し、大幅に価格を下げて販売しています。成分と同じ商品名となるダポキセチンやポゼットがこれにあたり、プリリジーと比較してもその価格は10分の1に近い安さとなっていることから、世界中で利用されています。また、単剤としての使用以外にも、ED治療薬の成分と配合したハイブリッドも開発されています。EDおよび早漏のどちらにも対応する治療薬で、先発医薬品よりも安く、利用しやすいという点で人気が高まっています。これらの医薬品は、日本への流通ルートがないので病院での処方はできず、個人輸入代行業者を利用した購入のみとなります。ダポキセチンの効果は高く、早漏に対して射精までの時間が数倍に延びることからも分かるように、およそ30mgの服用で十分とされます。ジェネリックなどの商品は60mgと多く配合されているのが基本なので、使用する際はピルカッターで半分に割って使用するのが一般的です。

ダポキセチンには辛い副作用がある?

世界各国で承認され、ヨーロッパを中心に多くの国で処方されているダポキセチンは、一般名をプリリジーとして販売されています。日本では厚生労働省に認可されていませんが、一部の輸入が認められたクリニックで購入することもできます。ダポキセチンはうつ症状を改善するために開発されたSSRIに分類される抗うつ剤で、精神を安定させる働きによって性交時の興奮や緊張を静めてくれます。これによって射精のスイッチが入りにくい状態となり、通常より4~5倍は時間が延びるとされます。ダポキセチンは大規模な臨床試験を複数回行って安全性も確立されているので、重大な副作用が起こる可能性は極めて低いとされます。一般的な副作用として頭痛、めまい、胃痛といったものがあり、頻度は低いですが手足のしびれ、鼻づまり、疲労感、睡眠障害、喉の渇き、下痢、勃起障害、血圧低下なども報告されています。喉の渇きを感じたら、脱水症状気味の状態なので、早めに水分を補給するようにしましょう。放置すると下痢や発熱、嘔吐といった症状が起こることもあるので、服用時にコップ1杯の水で多めに補給しておけば、副作用の一部の症状が緩和されます。世界中で使用され、すでに100万人以上の患者に処方され症例数も十分で、重篤となった副作用は報告されていませんが、起こる可能性のある副作用として、視力低下、情緒不安定、突発的な眠気、発作やてんかん、うつ症状が挙げられます。これらは、ダポキセチンのSSRIとしての作用で、中枢神経に作用して精神に変化を与えるため、何らかの要因によって起こる可能性があると考えられています。万が一にも後遺症になりえる副作用が起こったら、速やかにかかりつけの医師に相談しましょう。

リピーターも多い?ダポキセチン配合の早漏治療薬

効果を実感できている人が多いことからリピーターも多いのがダポキセチン配合の早漏改善薬です。今までの改善方法といえば、男性器を刺激から守る方法が多かったです。亀頭に刺激から守る作用が働くクリームやスプレーを引き付ける方法や、分厚いコンドームを付けて性行為をするグッズなどもありました。セックスの前にその処理を行わないといけないことから、せっかくのムードが壊れてしまうことも。パートナーに触れると一緒に刺激から弱くなりますので、協力も求められる改善方法です。 また早漏を改善する情報商材もありました。トレーニングによって早漏を改善するものであり、方向性は間違ってはいません。ただ成功する人は個人差があり、残念なことに効果を感じられない人も多いです。またトレーニングになることから、時間が掛かるのはひとつのデメリットです。 このような早漏改善策のデメリットを解決したのがダポキセチン配合の早漏改善薬です。性行為の数時間前に服用することで、早漏前よりも3倍ほど射精が長持ちする人もいます。非常に高い効果とそれを実感している人が多いのがダポキセチンの特徴です。この成分は抗うつ剤として使われており、服用していた男性の報告から早漏改善薬が誕生しました。脳内の興奮物質を抑える効果を持っていることから、効果を実感しやすいの特徴です。 このダポキセチンのデメリットを見つけるのであれば、それは一時的な対処療法になることです。射精までの時間を稼いでくれる効果はありますが、早漏そのものを改善するわけではありませんので、そのところは理解しなければなりません。根本の早漏を改善したいのであれば、数多くの性行為を重ねて経験を積み、そして射精までの時間を延ばすトレーニングは欠かせません。

◎ダポキセチンを入手するなら本物の医薬品が届く通販サイトを利用しましょう!
あんしん通販薬局は偽物なのか